アレルギー対策にもってこいの食べ物

何とかしたいアレルギー体質。発疹が出てしまったり、鼻水・鼻づまりなどの鼻炎症状が出てしまったりしますが、アレルギー対策に有効な食べ物を中心とした食事を取ることで症状を軽減できます。

スギとヒノキのアレルギー症状について

アレルギー症状の原因として有名なものがスギ花粉です。そして、このスギ花粉の症状を持っている人の七割程度の人がヒノキ花粉に対するアレルギー症状もあるといわれています。スギもヒノキもほぼ同じ時期に花粉が飛ぶので、どちらの症状が出ているのかがわかりにくいといったことがあります。厳密には、ヒノキ花粉の方が若干遅れて飛散するケースが多くなっているようです。ですから、スギ花粉が飛ばなくなってもヒノキ花粉のアレルギー症状で苦しむといったケースも少なくはないので注意をした方がいいでしょう。
両者の花粉はほとんど同じような形状をしているので、アレルギー症状も似たような症状となりがちです。ただ、若干ヒノキ花粉の方が目がかゆくなったり、涙が止まらなくなったりと目にくる症状が多いのが特徴的といえるかもしれません。
スギ花粉は大きさが30~40ミクロン程度で、ヒノキ花粉は大きさが25~35ミクロンです。ですから、スギ花粉の方が若干大きいといえます。
どちらの花粉の症状も鼻水が止まらなくなったり、鼻が詰まって呼吸がしにくくなったり、くしゃみが止まらなくなったり、目のかゆみが止まらなくなるといったような症状を引き起こします。非常にしんどいの症状なのでこれを防ぐには、まずはマスクをすることです。マスクの隙間は花粉の大きさよりもかなり小さくなるので、これでかなりの花粉を防ぐことが出来るようになります。マスクをしている時の注意点としては、マスクはしっかりと肌と密着をさせておき、出来るだけ隙間のないようにすることが大切です。鼻と口の両方をしっかりと覆うようにして、外出時だけではなく室内でもマスクをつけるようにするのもいいでしょう。