アレルギー対策にもってこいの食べ物

アレルギー対策にもってこいの食べ物

何とかしたいアレルギー体質。発疹が出てしまったり、鼻水・鼻づまりなどの鼻炎症状が出てしまったりしますが、アレルギー対策に有効な食べ物を中心とした食事を取ることで症状を軽減できます。

アレルギー症状を和らげる食べ物

アレルギーとは、体の免疫反応が過剰に働いてしまうことによって引き起こされる症状です。これを引き起こす原因になるものは、様々あります。アレルギー症状を和らげる食べ物に関しても、当然のことながら、それに対してアレルギーを持っている人がそれを食べるとかえって症状が悪化しますし、場合によっては命に危険が及ぶことも考えらます。また食べ物によって症状を和らげることができるアレルギー症状には限りがありますし、完治するわけでもありません。やはり医療機関に相談をして、治療を受けることが重要かつ効果的であると言うことも留意しておく必要もあります。アレルギー症状の緩和が期待できる食べ物として、まずは乳酸菌を含む食べ物を挙げることができます。乳酸菌には様々な種類がありますが、この中のいくつかに、免疫機能の過剰反応を抑える効果や、症状として出る皮膚のかゆみなどを抑える効果があることが明らかになっています。それから、ハマチ、ブリ、マグロ、アジ、イワシと言った魚です。これらの魚には、不飽和脂肪酸が豊富に含まれているのですが、この不飽和脂肪酸には、炎症物質を抑制する作用や、アレルギー症状のひとつ、喘息を抑える作用があるとされています。それから茶です。特にウーロン茶や緑茶が効果が高いと言われています。これは、そのお茶の茶葉にポリフェノールやカテキンと言った抗酸化物質がたくさん含まれているためです。様々なことを要因として体内で発生する活性酸素は、細胞を様々な形で傷つけます。抗酸化とは、この活性酸素の働きを抑制する働きのことで、これが働くことでアレルギーによる細胞の炎症にも効果が期待できると言うわけです。またアレルギー症状であるくしゃみや鼻水、目のかゆみを引き起こす物質を抑制する作用がある食べ物として、ショウガや玉ねぎ、大根が挙げられます。なお大根は生で食べることが望ましいので、大根おろしでいただくと良いです。

アレルギー性鼻炎を治す食事

アレルギー性鼻炎を治すためには、栄養バランスとれた食事が大切ですが、特に摂取すると効果的な食べ物がいくつかあります。まず生姜です。生姜にはショウガオールとジンゲロールという成分が含まれています。これらはアレルギー性鼻炎の原因であるヒスタミンの遊離を防ぎます。また鼻炎を引き起こす物質の生成や放出を抑えるので、症状が緩和されます。生姜はジンジャーティーや味噌汁、薬味など様々な料理に使えます。次にヨーグルトです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整える作用があると有名です。しかし乳酸菌の効果はそれだけにとどまらず、アレルギー性鼻炎を抑えることが分かっています。毎朝ヨーグルトを食べると症状が緩和します。もし変化が見られない場合は、乳酸菌が自分の体に合っていないので、乳酸菌の種類を変えると良いです。「フェカリス菌」や「L-92乳酸菌」「KW乳酸菌」がおすすめです。また青魚もたくさん食べると良いです。DHAやEPAは、体が消化しやすいのでアレルギー反応が出にくいです。そして、シソもアレルギー性鼻炎に効果的です。シソには、フラボノイドの一つであるルテオリンが含まれています。ルテオリンには免疫の過剰反応を抑制して、アレルギー体質を改善する効果があります。免疫機能を落とさないで正常化させるので、薬を服用するときのような副作用の心配がありません。またシソの葉とシソの実にはロズマリン酸が含まれています。ヒスタミンの遊離を抑える働きがあります。シソの実は塩漬けや味噌漬けとして食べられます。同じくアレルギー性鼻炎に効果がある青魚をシソの葉で巻くと、症状を軽くする栄養分をたくさん摂取できます。また市販にはシソの葉エキスがあります。

食べ物でアレルギー体質になる?

アレルギー体質は、生まれながらにして備わっている場合と、後発的に発症する場合がありますが、食物アレルギーを抱える人たちは、決して少なくありません。
体に良いからといって、同じものを欠かさず大量に摂取することを繰り返していますと、その成分を体内で分解する働きが空回りして、消化しきれなくなることがあります。その時に、一時的にアレルギー症状を起こすことがあります。
この場合、アレルギー体質になってしまったというよりも、体内の栄養バランスが乱されて、その修復をおこなうために、痒みや湿疹、赤みなどの症状となることがあります。
食物アレルギーを抱えている場合、ある成分に対する分解能力が弱いことによって、処理しきれないことで症状を作っています。この場合は、その反応を示す食物から、暫くの間遠ざかって様子を見ます。成長と共に、処理能力が備わることもあれば、少量ずつ摂取を続けることによって、次第に抵抗力、処理能力が身についてくることもあります。
このように、食べ物によってアレルギー症状の現れ方に変化をもたらす場合は、生まれ持った体質による場合や抵抗力を衰えさせている体調などによってもたらされるものであって、ある食べ物を摂取したことによって、アレルギー体質を根付かせてしまうことはありません。
体に良いものだからといって、そればかりを中心に摂取するのではなく、普段の食生活の中においては、バランスよく摂取することが大切になります。それぞれの食材には、体作りにとっての役割を持っています。それらを満遍なく体内に取り入れることが大切です。この食生活の栄養バランスの維持こそが、アレルギー反応を起こさないで過ごすことが出来る大切なポイントになります。
■ネットで簡単に花粉症撃退
ザイザル
アレグラってどんな薬?
ジルテックでアレルギーを抑える